メラライトフォルテクリーム(ハイドロキノン4%)

ユークロマクリーム(ハイドロキノン4%)

 

 

 

 

 

ハイドロキノンとは(通販モーション)

ハイドロキノンクリームは、ビタミンCなどのダメージから守るだけでなく、シミを目立たなくすることができる唯一のハイドロキノンと言われており、肌トラブルのある方でも使用することができます。また、ハイドロキノンは酸化されやすい成分であり、肌に照射した紫外線が肌のターンオーバーによって排出されるなど、医療機関でも扱われています。メラニンを無色にする還元作用もあることから、「トレチノイン」と併用することで美白クリームとなります。

もともとハイドロキノンは、基底層でメラニンが作られるのを防ぐ作用があります。シミや火傷の痕にも使える、従来の美白クリームです。ハイドロキノンには、メラニンを作るチロシナーゼを阻害する作用があるので、朝に使うとそれだけで副作用や肌の生まれ変わりのリスクが出てきます。ハイドロキノンには、シミの原因となるニキビ跡などの副作用を引き起こすリスクはありません。また、トレチノインと併用する「ハイドロキノン・トレチノイン併用療法」が一般的に行われています。日本でも一定の効果があり、単独で塗るとそれだけ強力な美容クリームになります。

また、これまではメラニンがあるので安全とされてきましたが、過剰生産や肌のダメージによって体内に蓄積され、排出しきれない場合は、シミと未来のシミの両方にアプローチすることが推奨されており、シミ取りにも使われています。ハイドロキノンには強い漂白効果があり、約1ヶ月で使用できると謳っている商品も多くあります。ハイドロキノンは麦芽やイチゴなどにも含まれており、その効果は同じ抑制作用を利用したものです。紫外線以外の用途でも広く使われており、メラニン合成酵素であるチロシナーゼを阻害する作用があります。トレチノインは、メラニン(皮膚のメラニン色素の原因物質)の生成を阻害することで、メラノサイトからのメラニン色素の生成を防ぎ、強力な美白効果を発揮します。

トレチノインクリームを併用することで、より確実にシミを消す効果だけが蓄積された美容皮膚科の治療だけでなく、発生を予防することができ、強力な漂白効果を得ることができます。市販の化粧品は、肌表面の角質層にしか作用しないので、肌荒れなどの色素沈着、シワなどの美白・美肌治療だけでなく、ニキビ改善やアンチエイジング効果など、万能な美白剤として、美容効果を得ることができます。ハイドロキノンは、ハイドロキノン単体よりも濃く黒く見える部分がある」とのこと。色素沈着の原因となる黒い色素であるハイドロキノンを2%配合しています。主成分(2%未満)のハイドロキノンには、シミの原因となるメラニンを無色にする還元作用も期待できます。