ジスロマック500mg

アジー1000mg(ジスロマック・ジェネリック)

 

 

 

 

 

ジスロマックとは(通販ショッパー・Amazon楽天)

ジスロマックは、クラミジア菌やインフルエンザ菌に対するこれまでの抗生物質を3日ずつ継続して約1週間続ける必要があり、アジスロマイシン水和剤はマクロライド系抗生物質とも呼ばれ、マクロライド系に分類されます。また、アジスロマイシン水和物はマクロライド系抗生物質に分類されます。体内に長く吸収される抗生物質製剤です。急性感染症の原因となる細菌にのみ作用するため、体内に移行して長い半減期を獲得することができます。15員環のマクロライド系抗生物質であす

ジスロマックの有効成分の吸収率を高めます。ジスロマックは、性感染症や雑菌による細菌が体内に留まるという特徴があります。クラミジア以外の病気を含む細菌性疾患の細菌の成長・増殖を抑制します。ジスロマック1000mgの1回の投与量が500mgと多いため、細菌に対して確実な抗菌効果を発揮することができます。また、マクロライド系抗菌薬であり、その効果はなんと10日間の服用で高い効果を発揮します。ジスロマックは、ファイザー社が製造する高品質な薬のひとつで、現在クラミジアの治療に最も広く使われています。

この経口薬は、インフルエンザ、感染性胃腸炎(ノロウイルス)、流行性耳下腺炎(ムンプス)など、一部のグラム陰性菌にも有効です。ジスロマックは、このようにファイザー社が開発したものでもあり、使用している方も多いと思います。ジスロマックは効果のある最初の抗生物質です。ジスロマックは、このクラスのマクロライド系に分類される抗生物質です。

病気の原因となる感染症の治療に世界中で広く使用されていることが、臨床試験で証明されています。また、肺炎マイコプラズマや気管支炎などの呼吸器系や、セフェム系にも幅広く効果を発揮します。ジスロマックには、クラミジアの治療のために処方されるという利点があります。病原体そのものを増やさず、殺菌するという決定的な仕事をします。ジスロマックの有効成分であるアジスロマイシンは、アジスロマイシン水和物です。これは、細菌の増殖に必要なタンパク質鎖の伸長を阻害する薬です。

同系統の抗菌薬を飲み忘れても効果が持続するという特性を生かし、1日1回、3日間の服用で効果的な治療が可能で、肺炎マイコプラズマやインフルエンザなどの抗菌薬にアレルギーのある人にも服用してもらえるようになっています。