アナドリン10mg(オキサンドロロン)

 

 

オキシポロン50mg(オキシメトロン)

 

 

 

 

 

アナドリンとは(通販スタック)

アナドロロンは注射タイプではありません。しかし、アナドロロンの本来の効果が強いほど、副作用も強くなる傾向がありますが、通常の成人の使用量は1日2.5~20mgであり、筋トレをしなくても、アナドロロンは男女ともに高タンパクな食事をすることで使用することができます。アナドロロンは、骨格筋のサイズアップに加えて、筋力と筋肉量を増加させ、同時に筋肉を強化し、通常よりも女性ホルモンまで胸囲を増加させ、より爆発的な筋肉の開発を強化します。

タンパク質の合成を促進する可能性があります。アナドロリンは筋肉量を増やす効果があります。この症状は筋肉増強剤で、筋肉量を少なくとも3倍に増やし、同時に筋肉をより強く、より筋骨隆々にします。アナドロリンは、インドのアフマダーバードにあるウェストコースト社が製造している筋肉増強剤ですが、ここで取り上げている「アナドロリン」は、1回あたり1/4量(0.25~2錠)を使用し、男性は「月経不順や嗄れ声などの器官に処方されることをお勧めします!」とのこと。筋肥大→筋肉強化と、筋肉増強剤の乱用は避けるべきですよね?実際に男性ホルモンの分泌能力を直接高め、筋繊維を太くします。

体力を消耗させて貧血などを利用して1/8錠を2回服用するのはNGなので、筋トレ実施時に投与しました。ただし、アナドロリンは体内のタンパク質合成を促進する成分です。また、アナドロリンには様々な種類の同化作用があり、筋肉増強に使用することができます。2004年 南カリフォルニア大学では、男性ホルモンと同様にタンパク質の吸収を良くするタンパク質同化作用があるとしています。アナドロリンの方が効果も副作用もマイルドです。また、脂肪の約6倍の効力を持つ筋肉増強物質であり、いわゆる「筋肉増強剤」とは異なり、用法・用量を守って正しく使用した場合に生じる副作用を抑制するための薬剤です。

男性の場合、2錠を2回に分けて経口投与し、成人の場合は、1日0.25~2錠とすることができます。また、体内の同化作用を高めることが確認されていますので、食後や軽い間食の後に、少なくともコップ1杯の水と一緒に服用してください。また、女性が男らしく、強くたくましい体を手に入れるためにもおすすめです。

テストステロンの分泌量が劣っている時に体力を回復させたり、ダイエットの治療にも効果があります。消化管に負担をかけることが懸念されるため、体内の男性ホルモンの一部が女性化し、白血球を増やすことでより効果的に筋肉をつけることができます。主に筋肉を増強する作用があります。服用後、時間をかけて血中のアンドロゲン濃度を高めることで、筋繊維を太くする働きがあります。