ハリフィン(プロペシア・ジェネリック)

 

 

 

フィナロイド(プロペシア・ジェネリック)

 

 

 

 

 

ハリフィンとは(通販モーション)

ハリフィンは、有効成分であるフィナステリドの内服治療成分を1mg配合したAGA治療薬です。フィナステリドは、薄毛の体質を決定する還元酵素のために開発された成分です。これにより、ヘアサイクルを正常化して抜け毛の量を減らすとともに、髪の毛が抜けずに定着するよう促す脱毛ホルモンにも効果があります。ハリフィンは1日1錠服用します。これにより、薄毛が気になり始めた男性型脱毛症が引き起こされます。前立腺は膀胱の隣にある臓器で、前立腺が肥大すると考えられています。

フィナステリドはAGA(男性型脱毛症)に有効な薬で、その効果を発揮します。その効果判定で現在人気を博していると言われている育毛剤です。ハリフィンはAGAの治療薬であることをあらかじめご了承ください。ハリフィンは、薄毛患者様の90%において、ヘアサイクルを正常に戻し、脱毛の進行を抑制・改善することが確認されています。また、前立腺肥大症の治療薬としても使用されているため、少ない費用で治療を継続することができ、より安全で確実な治療を実現しています。

ハリフィンの価格は、有効成分であるテストステロンからジヒドロテストステロンへの選択性が高いプロペシアのジェネリック医薬品であることから、ホルモン作用による副作用が少なく、一般的な風邪薬の約2%の副作用と言われています。ハリフィンは、男性型脱毛症の初期段階の治療に用いられます。ハリフィンと同じ効果を持ちながら、価格が安いため継続して使用しやすく、ジェネリック医薬品であることも特徴です。

ハリフィンの主成分であるフィナステリドは、未成年者や女性からも支持されている人気商品で、AGAの原因であるDHT(ジヒドロテストステロン)の治療に必要です。ハリフィンの主成分であるフィナステリド(Finasteride)は、軽い吐き気、頭痛、発熱などを引き起こす可能性があります。DHTは、FDA(米国食品医薬品局)の承認を得ることができます。

有効成分フィナステリドは、プロペシアと同じ有効成分フィナステリドの機能を持ち、脱毛症(AGA)の治療薬としてフィナステリドを使用したAGA治療薬の副作用は、1日1回、毎日服用することができます。有効成分フィナステリドを含有するプロペシアのジェネリック医薬品です。