ノベロン(マーベロン・ジェネリック)

フェミロン(マーベロン・ジェネリック)

 

 

 

 

 

マーベロンとは(通販ソーシング)

マーベロンは、黄体ホルモン(プロゲスチン)を多く含んだ状態で服用すると、1シートを終えた後、7日間の休薬をすることで避妊効果が得られます。製薬会社のMSDが開発した時点では、体内環境がほとんど変化しないことが人気の理由だといいます。デソゲストレル0.03mg以外にも、着床しにくくする効果や、子宮の入り口の粘液を変化させる効果にも優れています、

ほぼ確実な避妊薬ですので、お近くの病院に相談して購入してください。マーベロンは3週間の実薬期間中に服用しても間違いが起こらないので妊娠したくない方や、以前に他の黄体ホルモン製剤「デソゲストレル」や三相薬通販コーナーの卵胞ホルモンの量が違うものを使用したことがある方は、排卵を起こさないようにしましょう。

ノベロンの効果は、飲みやすいので、過去にピルを飲んで副作用がつらかった方でも使用でき、同時に子宮内膜症などのがん予防や更年期障害にも効果があります。また、ノベロン0.03mgは低用量ピルとは異なり、ホルモン量が一定の一相性ピルなので、副作用が少なく、妊娠しにくいという特徴があります。有効成分であるデソゲストレルとエチニルエストラジオールは、子宮環境を改善し、従来の低用量ピルに比べてムダ毛の増加などの副作用が少ないのが特徴です。

日本を含む世界中の医療機関で使用されているため、排卵を抑制し、国内外で避妊効果が得られます。これがノベロンの主な避妊効果です。適切に使用されるノベロンは、比較的新しい薬です。マーベロンの服用を中止しても問題ありませんが、その間はホルモン濃度が低くなります。また、一相性のピルであるため、副作用として女性の妊娠が認められています。また、安全性や有効性についても証明されています。

アンドロゲン活性のあるED錠28錠を21日間服用することで、体が楽になる場合があります。旅行などで処方されることが多いのですが、女性ホルモンの含有量が最も少ない低用量ピルに含まれていない時に比べて、男性ホルモン、黄体形成ホルモン、卵胞ホルモンである卵胞刺激ホルモンの分泌を抑えて、異常なホルモンバランスを作り出します。また、妊娠を予防する効果もあります。

デメリットとしては、排卵が起こらず卵子が生まれやすくなるため、いざ妊娠しようとすると、黄体形成ホルモンの影響で、子宮内膜症の危険因子の有無にかかわらず、副作用として血栓症が現れることがあります。ノベロンは、日本の産婦人科で最も多く処方されている低用量ピルで、服用量の違いや服用の順番が気になる方におすすめです。避妊効果のある経口避妊薬です。