ケアプロスト(ルミガン・ジェネリック)

 

 

 

 

 

ケアプロストとは(通販ショッパー)

ケアプロストはルミガンと同一成分配合のまつ毛育毛剤。ルミガンの半額程度で購入できるのが魅力で、ベストケンコーやオオサカ堂では1本2,000円未満で通販できます。インド最大手のサン・ファーマ社が製造するため、安全性が気になる方にも推奨されています。個人輸入では定番のまつ毛美容液です。

ケアプロストは、まつ毛の成長を促進します。ビマトプロストをはじめとするPG系の目薬は、欧米を中心に睫毛貧毛症治療薬として人気があり、グラッシュビスタのジェネリック医薬品です。ケアプロストは効果が期待できますが、主にまつ毛を濃くする効果で販売されていました。医療機関には、まつ毛育毛剤を含むルミガン点眼液0.03%があります。

病院でまつ毛の根元に塗るだけで効果の高いまつ毛育毛剤の効果を維持したい場合や、治療費と比較して費用が安い場合は、ケアプロストと同じ成分なので、価格は安いですが使い続けることができます。ケアプロストとの違いですが、ケアプロストはサンファーマ社(インドのムンバイに本社を置く製薬会社)が開発した、ケアプロストの有効成分ビマトプロストを専用のアプリケーターに入れたもので、通販のケアプロストに比べて約1/8のコストで済むというものです。効果は変わりませんが、日本の厚生労働省のような米国FDAは、ケアプロストの不自然さや色の濃さを18%もアップさせています。

有効成分のビマトプロスト(BIMATOPROST)を促進することで、まつ毛が不足する「まつ毛貧血」の治療薬です。まつ毛を濃くする効果があるため、価格は2,400~2,800円(ケアプロストの効果がない人と日額では一番安い。日本では、多めに見積もっても年間2万円程度のコストです。従来、成分はビマトプロストのみで、日本では緑内障治療の元祖として、睫毛などの国立機関がビマトプロストを含む睫毛を生やしています。まつげ貧血の治療薬として使用するために装着されたジェネリック医薬品です。

ケアプロストは、睫毛貧血の治療薬として装着されるジェネリック医薬品です。ケアプロストをひと塗りするだけでは、効果は得られません。ケアプロストは、(まつ毛の長さ、ふさふさ感、色、太さ、量、濃さ)などのまつ毛育毛剤が手に入るというメリットがあります。まつげを伸ばす方法のひとつとして、とても人気のある薬を処方してもらえますが、私たちはそれを使っています。まつげを太く長くするとは、元のまつげよりも太くすることで、メラニンの生成を活性化させ、まつげ1本1本を太く長くし、全体のボリュームをアップさせることです。通常3ヶ月で生え変わるヘアサイクルに働きかけます。