トリキュラー21(アンジュと同一成分のピル)

ヤスミン(ヤーズと同一成分のピル)

 

 

 

 

 

アンジュとは(通販ソリューション)

日本で認可sれているアンジュと同一成分配合の「トリキュラー」は個人輸入が可能です。1月分が700~800円の低コストで通販でき、通院の手間も必要ないことから働く女性に特に需要があります。SNSを見ると、個人輸入に切り替える人が多数いることが分かるかと思います。

アンジュは、2つの女性ホルモン(エストロゲン)を少量ずつ服用するよりも、服用方法が制限されているので注意が必要です。アンジュは、その高い避妊効果で、口径の大きい避妊薬です。しかし、強い副作用があることも事実です。三相の中では、どうしても低用量ピルに分類されてしまう経口避妊薬です。特に人気のある低用量ピルです。

アンジュ(トリキュラー)は、日本の産婦人科医が最も多く処方している避妊薬です。アンジュは、高い避妊効果を持つ、口径の大きい避妊薬です。しかし、強い副作用があることも事実です。三相の中ではどうしても低用量ピルに分類されてしまう経口避妊薬です。特に人気のある低用量ピルです。アンジー( トリキュラー)は、日本の産婦人科で最も多く処方されている薬で、副作用が少なく、体への負担が少ないのがメリットです。しかし、より自然な形での避妊を可能にする薬として、親しまれていることも知られています。特に日本では人気が高く、国内では血栓症の原因になることもありますが、ホルモン組成が3段階に分かれているのが特徴です。また、アンジュが一緒に服用する低用量ピルの中には、女性の体を妊娠していると誤認させ、精子の侵入を阻害する効果があります。

アンジュは、3種類のホルモン組成物を含む三相性低用量ピルです。アンジュは、プラセボ錠(偽薬)を除く3種類のホルモンを配合した三相性低用量ピルで、すべてのホルモン量が異なるため、返って 様々な治療に対する改善効果を得ることが可能となります。90カ国以上で承認されている低用量ピルの悩みは、アンジュにあります。アンジュは、すでに90カ国以上で承認されている低用量ピルのトラブルで、すべてのピルを順番に飲んだ場合、むくみ、吐き気、不正出血などがありますが、月経痛が治るなどの嬉しい効果もあります。

黄体形成ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲスチン)の2種類のピルをシートの順番通りに服用することで、女性ホルモンを増やし、脳や体をアンジュが排卵を起こさないようにします。また、月経周期の途中で軽い出血(不正性器出血)が起こることがあります。その効果の高さから、最も売れている低用量ピルです。

避妊だけでなく、月経不順の改善や身体機能の維持にも関係します。精子が子宮内に侵入するのを防ぐと同時に、受精卵が着床する過程を阻害し、子宮内膜を変化させて排卵を抑制し、受精卵が着床しにくい状態にします。同時に、精子の子宮内への侵入を防ぎ、受精卵の着床プロセスを阻害し、子宮内膜を変化させて排卵を抑制し、受精卵を着床させにくくし、子宮頸管粘膜の粘性を高めます。また、腫れ、吐き気、不正出血の可能性がありますが、最終的に妊娠に近づけるためには、長期間にわたって出血しないように細心の注意を払う必要があります。患者さんの負担を最小限に抑えられるのがメリットです。