ノバマックス500mg(サワシリン・ジェネリック)

 

 

 

 

 

サワシリンとは(購入くすりロイヤル)

サワシリン(アモキシシリン)は、ペニシリン系の抗生物質です。シプラ社からノバモックスというジェネリックが発売されており、個人輸入では一番人気です。1錠60~80円ほどで通販でき、常備薬として購入される方も多いです。

サワシリンが処方されるのは、強力な殺菌効果と、即効性による短期間での治療効果が期待できるからでしょう。有効成分のアモキシシリンは、感染症に有効なペニシリン系の抗生物質で、あらゆる用途で使用され続けています。アモキシシリンよりも副作用が少ないとされるサワシリンは、細菌感染症におすすめで、細菌を死滅させます。

ジェネリックのノバモックスは強力な殺菌剤なので、基本的にほとんどの人に効果があり、大腸菌、インフルエンザ、プロテウス、ミラビリス、ストレプトコッカス属など様々な細菌に感染しています。 梅毒の治療薬です。大腸菌を中心としたグラム陽性菌やインフルエンザウイルスには、細菌、ウイルス、真菌(カビ)などが含まれます。主な抗生物質の中でも梅毒は、症状が進行していれば通常は感染しない細菌や耳鼻科領域の感染症に対しても効果が低下します。さらに、腸球菌、肺炎、咽頭炎、急性気管支炎、中耳炎などの比較的軽い感染症の淋病や梅毒から、性感染症まで、最終的には微生物が人体の外に溶け出していくのでサワシリンが使われます。また、ノバモックスを推奨する治療法としても使用されています。

ピロリ菌は感染する病原体を殺します。抗生物質(合成ペニシリン製剤)で、サワシリンのジェネリックです。淋病は、中耳炎、膀胱炎などの幅広い症状に使用されます。食事による細胞壁の合成を阻害することで、細菌を崩壊させます。アモキシル・ジェネリックの有効成分であるアモキシリンは、Haemophilus influenzaeとSerratiaに推奨されています。ペニシリン結合タンパク質の作用を必要とします。アモキシリンは口コミで最も使われています。ノバモックスで梅毒の治療にも使われています。また、喘息や蕁麻疹などのアレルギー性疾患にも効果を発揮します。

アモキシシリンの無効化・分解を防ぎます。合成ペニシリン製剤であるサワシリンの有効成分としてアモキシシリンを使用することがある方におすすめです。抗生物質で、ジャーマンレメディ社が開発・販売しています。狭い範囲の細菌にしか効かないということで、細菌による感染症である淋病を重症化させるところまで治療することができます。淋病は、細菌による感染症であるため、重症化しやすいと言われています。