LAN15mg(タケプロン・ジェネリック)

 

 

 

 

 

タケプロンとは(通販モーション)

ランソプラゾールを有効成分とするタケプロンは、逆流性食道炎や胃潰瘍の症状緩和に使われます。ベストケンコーなどの個人輸入代行サイトでは海外ジェネリックを販売しており、インタスファーマ社のLAN-15およびLAN-30という商品が定番です。

タケプロンは、胃酸による胃腸障害、胃痛、胃炎、胸やけなどの症状を改善する薬です。胃酸を分泌するルートの一部を阻害し、胃酸が消化管に入り、胃から食道に逆流する胃酸の分泌を抑制します。胃潰瘍や逆流性食道炎を放置している状況では、胃酸が必要以上に活性化され、胃の粘膜が傷つき、胃酸が強力に過剰に分泌されることがあります 投与期間は6~8週間が限度です。また、胃の中に存在する胃酸に対して、このH2ブロッカーではなく、一日中胃酸の分泌を抑えることで、多くの人の胸焼けや胃もたれを解消する消化器系の治療薬であることに変わりはありません。

胃酸の分泌を抑制することができます。有効成分であるランソプラゾールは、胃がんの主な症状である 胃潰瘍や十二指腸潰瘍の原因となります。通常、胃酸によって荒らされる消化性潰瘍の治療薬です。有効成分を含む消化器系疾患を適応症とする「タケプロンカプセル15mg」のジェネリック医薬品で、先発品と同じ成分・効果で体内に吸収されますが、低価格で購入できます。また、各種胃病変の原因となる細菌や、肥満・過食・寝る前の食事などの生活習慣病を殺菌し、解熱鎮痛剤(NSAIDs)の駆除効果をサポートすることで、優れた治療効果を発揮します。

高用量の抗生物質と併用することが望ましい。出血して決められた場所から服用すると、胃酸の分泌を抑えて抗生物質の中和を阻害し、胃酸が食道に逆流するはずです。また、プロトンポンプ阻害剤は、プロトンポンプを直接阻害するため、胃潰瘍や逆流性食道炎の原因となります。これがプロトンポンプ阻害剤です。武田薬品工業株式会社が製造・販売している消化性潰瘍治療薬は、作用が強く治りが早いため、一般的に保険適用での効果の持続時間は24時間程度と言われています。

服用することで、食道に刺激や炎症を起こすことがあります。抗生物質は抗菌力を高める効果がありますが、胃壁細胞のプロトンポンプ阻害剤と呼ばれるものです。その結果、胃痛や胸焼けも緩和されます。このように抗生物質を併用することで、胃酸を抑制して酸性度を下げ、抗生物質は多くの人が抱える胃潰瘍や十二指腸潰瘍とは異なり、基本的な潰瘍にはタケプロンという強力な効果を発揮します。タケプロンは、胃酸の分泌を強力に抑制することで、胃潰瘍の原因菌であるヘリコバクターやピロリ菌の除菌にも効果を発揮します。