ビセレクト5mg(メインテート・ジェネリック)

 

 

 

 

 

メインテートとは(通販ノワール)

ビセレクト(Biselect)は、国内で販売されているメインテート錠と同一成分配合のβ受容体遮断薬です。高血圧狭心症などに使用される医薬品ですが、緊張状態をやわらげるために使用する方もいます。個人輸入が禁止となったインデラルの代替品として需要が増えています。

メインテートは受容体拮抗薬の一つで、心筋・心臓刺激伝達系の症状の緩和に効果があります。心臓の血流を減らし、結果として血圧を下げる薬を使いながら、慢性心不全の治療を行うものです。ビセレクトは24時間という長い特徴を持っています。

メインテートは、症状に応じて服用量を少なくすることで血圧を下げます。血圧は心臓に多く存在するβ受容体に拮抗し、頭痛などの心臓病の予防効果を発揮するほか、毎日継続して服用する必要があります。有効成分のビソプロロールフマル酸塩は、交感神経系のβ受容体遮断薬に分類され、疲労感、胸痛、胸部圧迫感、めまい、ふらつきなど、β遮断薬と同様に合併症の発生率が低い。

メインテートの効果としては、高血圧症や狭心症を改善します。これらの薬剤(ACE阻害剤、強心配糖体など)と組み合わせて使用します。VySelectによる心拍の抑制は、心臓の働きすぎを抑制する薬を受け取りたい場合、ドラッグストアにある薬です。高血圧の心臓などにあるβ1受容体をブロックする選択性があります。測定している有効成分のビソプロロールフマル酸塩は、いくつかの神経インパルスに対する体の反応に影響を与えることで働き、特に心臓では、心拍数や心臓病(狭心症、心室性期外収縮、慢性心不全)の治療に使用された臨床試験があります。

ジェネリックの長時間作用型降圧剤であり、半減期が24時間の間に血圧をコントロールします。心臓の血管を収縮させることで血管への負担を軽減し、1日1回の服用で治療効果を発揮します。高血圧症、狭心症、心臓病などにも適応のあるビセレクトは、β2受容体を阻害することで、心臓から叩き出される血液の量を減らし、心臓の過剰な活動を抑えるという異なる作用を持っています。この病気は、今後、インタス社が製造・販売することはありません。

ビセレクトの効果は、心臓から排出されるときの心臓の拍動を抑えることです。ビセレクトは心臓を休ませ、心不全の患者さんでは140/90mmHg以上に上昇することが期待されます。心不全の場合、有効成分はビソプロロールフマル塩酸塩。心臓のみに選択的に使用され、ノルアドレナリンなどを引き起こし、心臓の収縮力を低下させ、心拍数を増加させることが報告されている。血液量を調節して血圧を下げることにより、心臓や血管の症状を改善する治療薬で、「降圧作用を有するβ遮断薬」に分類されます。