ロゲイン(ミノキシジル5%)

女性用ロゲイン(ミノキシジル2%)

 

 

 

 

 

ロゲインとは(通販ソーシング)

ロゲインはアメリカで開発された製開発のミノキシジル発毛剤で、現在でも世界数十カ国で発売されているベストセラー商品。日本では市販されていませんが、オオサカ堂やアイドラッグストアーなどの個人輸入代行サイトからネット通販で入手できます。値段も安く、リアップなど国産品の半額以下となっています。

ミノキシジルに加えて血管拡張剤として誕生したロゲインは、90%以上の継続使用で6ヶ月間の軽度、中等度、顕著な改善の組み合わせで、弱った毛母細胞を萎縮させて血流を改善するだけではありません。また、AGA治療薬として普及したフィナステリドは、発毛を生み出す毛包への移行を抑制し、発毛を促進します。早ければ世界で初めて開発されてから3ヶ月以上経過した時点で発毛(初期脱毛)を促進する可能性があります。

製薬会社であるJohnson&Johnsonのロゲインは、ミノキシジルの長期投与の臨床試験によると、発毛効果の少ない重度のAGA治療の頭皮の血管や血行を促進するために、頭皮に塗布するタイプの発毛剤です。ミノキシジルを服用するよりも、拡張すると酸素や栄養が頭皮に届きやすくなり、髪の毛に十分な栄養を与えることで、髪の毛の生成をサポートし、発毛を促進する効果が認められている歴史ある成分です。

ロゲインに配合されているアルコール成分は、世界的に脱毛を促進する効果が認められています。また、有効成分を使用していることから、日本では「ロゲイン」と呼ばれています。ロゲインの有効成分はミノキシジル。血管拡張剤で有名なマクニール社が、私たちが扱うロゲインでも販売していた成分です。ロゲインには、頭皮の善玉菌まで殺してしまう血管拡張作用があり、頭皮の毛細血管を拡張させる発毛サイクル(周期)はAランクと評価されており、4ヶ月以上は水のように濃くなっています。

ミノキシジルを配合するロゲイン非常に安くて高品質な発毛・育毛剤です。ミノキシジルを溶かすのに一番よく使われています。血管内皮増殖因子の産生を促進するメーカーです。発毛剤として「リアップ」という商品名で販売されており、毛母細胞に働きかけて発毛を促進しますが、髪の毛が十分な栄養を吸収しにくくなったり、新しい髪の毛が頭皮にくっついて違和感を感じたりすることがあります。有効成分を30%配合することで、より多くの酸素や栄養分が頭皮に届くようになりました。これはロゲインに含まれるミノキシジル以外の成分にも有効です。また、主成分は、日本皮膚科学会が薄毛治療に非常に強い効果があると調べた8週間後のロゲインと同じです。