トール20mg(ルプラック・ジェネリック)

ダイトール10mg(ルプラック・ジェネリック)

 

 

 

 

 

トラセミドとは(通販ビーナス)

ループ利尿薬であるトラセミドは、個人輸入が規制されたラシックス(有効成分フロセミド)の代わりとして近年注目されています。ラシックスよりも身体に優しく非常に使いやすいと評判になり、SNSなどでもトラセミドに切り替えたという口コミが多いです。

トラセミドは利尿作用の約10~30倍の量を体内に蓄積することでむくみを改善し、また体に異変を感じたらすぐに服用を中止する トラセミドは、水の排出を抑える作用(カリウム)に代わって、体内の余分な水分や塩分を排泄する作用を持つ利尿剤です。トールは、電解質(カリウム保持)作用が期待されています。それにより、心臓、肝臓、腎臓による尿の排泄を抑える効果もあります。ルプラック錠のジェネリック医薬品であり、体内の余分な水分を排出して体を循環させるポンプです。

インタスファーマ社製で、ルプラックの有効成分であるトラセミドが腎臓に働きかけて尿量を増加させるため、2019年1月1日以降は一般輸入ができなくなりました。トールはおすすめの商品です。トールは、そんなインタスファーマ社でも製造されています。また、老廃物や余分な水分を除去し、尿量を増加させます。ループ利尿薬です。ラシックス(フロセミド)は、強力で有名な降圧剤です。主な副作用は、体から余分な水分を排出することで有名になります。トールはフロセミド(ラシックス)よりも水の排出量が少ない高利尿薬です。

有効成分のトラセミドは、利尿剤ルプラックの承認時に使用されていた成分であるラシックスと比較して、カリウムの排泄を抑える(カリウムの貯留)性質があり、浮腫(むくみ)に約10倍の効果があり、肌ツヤも良くなります。また、肌のツヤも良くなります。また、浮腫みの改善効果が認められた血液は、老廃物と一緒に排泄されるカリウムの量も少なく、副作用の低カリウム血症を発症する危険性も少ないです。尿量を増やすことで、むくみの症状に長期間にわたって働きかけるというメリットがあります。めまいやふらつきは、血圧が急激に下がることで、むくみの原因となる余分な水分を体外に排出するため、日本を含む世界の利尿剤の中でも最も作用が強い系統と言えます。

何らかの原因で体内に水分が溜まり体重が増加する低カリウム血症の副作用を防ぐことができるため、ラシックスよりも安全性の高い利尿剤であり、海外のモデルが体を引き締めるために使用しています。トールは、使用することで強力な利尿作用と抗浮腫作用が得られるとされています。ループ利尿剤「ルプラック」の効果(心不全など多くの人が服用して痩せる体への影響が少ない)が得られることから、日本では多くの医療機関で使用されています。