バスピン10mg(バスパー・ジェネリック)

 

 

 

 

 

バスピンとは(通販ソリューション)

バスピンは抗不安薬の一種で、個人輸入が規制されたデパス(エチゾラム)の代替品として人気がでています。1箱1,500円ほどで通販でき、不安をやわらげたり、安眠のために活用されている方が多いです。

有効成分であるブスピロンを含有するバスピンは、デパスの代替薬として使用されています。睡眠薬として、スムーズな入眠を助け、眠りに導く効果もあり、急速にシェアを拡大していた、頼りがいのある耐久性のある薬です。非ベンゾジアゼピン系の不安解消薬や、価格的にブスパインの使い方がわからないときにネットでナビゲートされるブスパルのジェネリック医薬品で不安な気持ちを和らげるほか、日本では女性が不安を感じるときに、有名なブスパルをはじめとする抗不安薬の主成分としてブスピロンを使用することができます。

治療薬としてのブスピロンは、依存性がないことから睡眠薬(睡眠導入剤)として使用されており、睡眠改善薬として使用している方も多いのではないでしょうか。特に近年では、脳内のセロトニンに作用して神経のバランスを整えることで、日常生活で理由もなく長く続く不安感や、集中力の低下、性欲の高まりによる活力の低下、緊張による睡眠不足などを解消するために向精神薬が使われています。ブスピロンの副作用としては、ストレスや緊張感、不安感、やる気のなさなどを軽減する効果があり、世界中でとても人気のある薬です。

ブスピロンは、セロトニン5-HT1A受容体に部分的に作用する抗不安薬で、日本では気持ちを安定させる目的で使用されています。ブスピロンとして、第一選択薬、睡眠薬、精神安定剤として使用されています。感情を和らげる目的で使用すると効果があるとされていましたが、海外では考えられています。全般性不安障害、うつ病、不眠症などの方にお勧めします。その代替薬としてのバスピンは、有効成分ブスピロンが脳内のセロトニン濃度を高める抗うつ剤などに含まれています。

日本ではすでに年間数百億円の売り上げがある薬で、抗不安薬として多くの人が使用しています。主に不安感や緊張感から入手が困難になっています。有効成分エチゾラムを含有しており、服用することはできませんが、不安や緊張を和らげ、睡眠を維持し、心を落ち着かせる働きがあります。ヴァスパーのジェネリック医薬品ですが、これは副作用があります。気になる副作用ですが、抗不安薬に比べれば軽いものです。ただ、デパス錠など、うつ病の治療に使われることが多くなっています。

バスピンは、従来の抗うつ剤と同様に、比較的使いやすい薬です。成分のブスピロンには、世の中で安心して使える抗不安薬として開発されたほどの効果がありますので、デパスのように、落ち込んでいるとき、落ち着かないときなど、いろいろなときに服用できるので、抗不安薬といえます。