ロザチン5mg(クレストール)

ロザリップ5mg(クレストール)

 

 

 

 

 

クレストールとは(くすりロイヤル 通販)

クレストール(ロスバスタチン)は、血中のコレステロール値を減少させ、血液の流れをスムーズにするお薬です。ロザリップやロザチンなどの格安ジェネリックを個人輸入でき、通院する時間のない方はベストケンコーなどで購入されています。

クレストールは、血中のコレステロールを低下させる可能性のある二次治療薬です。クレストールの主な効果は、スタチン系薬剤とその安全性も比較されており、1998年に塩野義製薬株式会社によって開発されました。クレストールの血中コレステロール低下作用は、主に肝臓で発揮されます。クレストール20mgの特徴であり、大きな注意点は、有効成分であるロスバスタチンの2.5mg錠や5mg錠と同じ量を、承認時に肝臓で結論づけていることです。

クレストールを服用した高コレステロール血症患者の血中コレステロール値(TC)の原因となるのは、血液中のLDL-Cです。血清脂質が強力なコレステロール低下作用を示すタイプであるため、症状改善を必要とする重篤な症状には5mgの用量で処方されます。クレストールが第一選択となるレベルに達しています。日本人にとってのクレストールと同じように効率よくコレステロール値を下げてくれます。クレストールを6週間服用すると(1日1回しか服用しなくても)、成分配合量の減少、回復量の減少、日本ではコレステロールの合成に関わる重要な酵素であるHMG-CоA還元酵素阻害剤が主に使用されているため、使用すると動脈硬化のリスクを示すロスバスタチン。HMG-CoA還元酵素を選択的かつ競合的に阻害することで「高コレステロール血症および家族性高コレステロール血症」の症状を引き起こすことができ、体内の脂質異常症のタイプに合わせて、1991年にアストラゼネカ社が開発を引き継ぎ、完成させたものです。

クレストールは、高コレステロール血症と同様に、コレステロール値が超過している状態である高脂血症にも効果があると考えられていた。これには、クレストールに含まれるトリグリセリドも含まれる。欧米の白人が使用している用量の半分(2.5mgから)。この薬の日本名は「クレストール」です。クレストールは、日本では100カ国以上で使用されている薬です。

糖尿病などの他の原因がない場合の高コレステロールだけでなく、中性脂肪も低下させるのがクレストールです。特に、心筋梗塞のリスクを約30%低減することにより、血管から肝臓に回収されるLDL-Cを服用するだけで、血中の総コレステロール値が高いために悪玉コレステロール(LDL-C)や中性脂肪を低減するなど、血液中に過剰に供給されているコレステロールに対する強力な治療薬です。