デュオダート(ハルナール+アボルブ)

 

 

 

 

 

デュオダートとは(通販 マルシェ)

デュタステリドは、ハルナール(タムスロシン)とアボルブ(デュタステリド)を組み合わせたお薬で、前立腺肥大症の治療に使われます。排尿トラブルにお悩みの方は海外から通販で取り寄せることもご検討ください。

デュオダートは、前立腺による尿道の圧迫に必要な5αリダクターゼ阻害剤と言われています。服用することで、めまいやふらつきなどの症状を改善することができる薬です。世界的に有名な医薬品であるジヒドロテストステロン(DHT)に影響を与えることで、より強力に尿道を小さくすることができるため、排尿を改善することができます。これは事前に医師が確認しています。デュオダート)は、前立腺肥大症を治療することで肥大した前立腺を縮小させます。

デュオダートの有効成分は、α1受容体遮断薬で、男性ホルモンの働きを抑えるために存在します。ただし、タムスロシンが0.5mg(400μg)含まれている必要があります。デュオダートは、強力な男性ホルモンである5αリダクターゼの働きを阻害することで、血中および前立腺組織中のDHTの濃度を低下させ、排尿障害を改善します。デュオダートは効き目があるので、α1受容体拮抗薬として、めまいや立ちくらみを改善します。デュオダートは世界的に見ても、前立腺付近の尿道の圧迫を軽減し、尿道や膀胱を広げることで、尿の勢いを弱め、排尿しづらくし、排尿に関する問題を解決する働きがあるため、服用すると副作用や禁忌が倍増します。

デュオダートは日本でも発売されています。もう一方の有効成分を配合することで、両者を組み合わせた配合剤です。ハルナールとアボルブを組み合わせた配合剤で、前立腺肥大症のハイブリッド治療薬です。医療機関では「ハルナール」の名称で販売されています。主成分であるデュタステリドがタムスロシンを服用することで、5αリダクターゼの働きを抑えて尿道の圧力を下げます。また、強力な前立腺肥大症を引き起こし、排尿障害につながることも理由の一つです。

有効成分のデュタステリドは、5αリダクターゼを阻害する薬です。デュタステリドは、前立腺肥大症の薬を服用することで引き起こされる病気で、1日1カプセル。男性ホルモンのテストステロンをDHTに変換する酵素で、グラクソ・スミスクライン社(GSK)が製造・販売しています。グラクソ・スミスクライン(GSK)社が製造・販売しています。タムスロシン塩酸塩は、DUO DARTではα-1受容体拮抗薬とされています。前立腺肥大症は、加齢により男性ホルモンであるテストステロンがジヒドロテストステロンに変換されることで発症しますが、肥大した前立腺を小さくすることで、排尿障害に悩む男性の強い味方となります。