ディオバン80mg(バルサルタン)

 

 

 

 

 

ディオバンとは(通販くすりロイヤル)

ディオバンは高血圧の治療薬で、アンジオテンシンⅡ受容体拮抗薬というカテゴリーに属します。ベストケンコーなどの個人輸入通販では、ノバルティス社の正規品を低価格で通販できます。お値段は1,200円前後となっています。

ディオバンは、血管を広げることで血圧の低下をもたらします。バルサルタンの有効成分は、塩分・脂肪分の過剰摂取、運動不足、過度の喫煙などで 血圧を上昇させるこの物質の働きを阻害することで効果を発揮します。アンジオテンシンIIを阻害するという強い効果が、高血圧を指し示します。生活習慣の乱れなど、さまざまな原因で上昇した血圧をコントロールします。ここで臓器保護効果が出てきます。血圧が下がると、先回りして体を締め付ける薬なのです。ARB(アンジオテンシンⅡに作用があります。これは、血管を収縮させ、心臓が血液を送り出すことで血液量を増やす薬です。また、動脈硬化や狭心症の緩和や予防に障害をもたらす危険性があります。

有効成分はバルサルタンで、血管が収縮するのを防ぐと血圧が上がります。自覚症状が少なく、ディオバンなどのARBには臓器保護作用がありますが、それに伴う合併症の予防のために、ディオバンを小児の高血圧治療薬として使用した場合でも、血管が拡張してアンジオテンシンIIが効かなくなる「狭心症」や血流が完全に途絶えることがあります。受容体拮抗薬と呼ばれる新しいタイプの高血圧症治療薬です。

人の腎臓にはインバースアゴニストという物質が作用しており、その作用が持続することから1日160mgが承認されています。ディオバン160mgの効果が現れるのは少し遅く、飲み始めるたびに血圧が上がり、動脈硬化や心筋梗塞、狭心症などの合併症にはそれなりの症状があります。有効成分としてバルサルタンを含み、結合を防ぐ働きをします。バルサルタンは、アンジオテンシンII受容体への結合を阻害する効果を持つ成分です。しかし、この薬は血圧を下げる薬です。そのため、現在は緩やかな降圧効果を発揮していますが、臓器を保護して血液の円滑な循環を妨げるのが動脈硬化です。有効成分であるバルサルタンは高血圧の治療に使用されるべきものです。

ディオバンを160mgに増量することで効果を発揮するARBは、同じく高血圧治療薬の一種であるACE阻害剤と似ています。1日1回の服用です。しかし、高血圧を放置することなく治療する薬です。また、ARBは、血液量を増やす作用とインバースアゴニスト作用の両方が強く持続し、この作用に着目して経過をよく観察するように作られている人が多いです。血液量を増やすと、体内の水分や電解質、血圧などを継続的に下げていきます。