リオサイトメル25mcg(リオチロニンナトリウム)

 

 

 

 

 

リオサイトメルのコラム

リオサイトメルは、リオチロニンナトリウムという成分が配合されたお薬で、日本で販売されていますチロナミン錠と同一成分の商品となっています。一般的には甲状腺機能低下症やクレチン症の治療に使用されますが、個人輸入する人の中にはダイエット目的でご購入される方もいます。

リオサイトメルは、甲状腺ホルモンのような働きをし、リオチロニンナトリウムを有効成分としています。有効成分の薬物動態試験では、甲状腺ホルモンが細胞の代謝を促進する働きがあり、高い効果が期待できるのに対し、リオサイトメルは92g/日25mcgを分泌するため、リオサイトメルを加えることで徐々に投与量を減らすことができます。また、太りにくく引き締まった体に絞る際に影響を与える働きもありません。量を減らし、代謝を促進する働きがあります。

通常、粘液水腫や慢性甲状腺炎などに処方される錠剤タイプの内服薬(用法・用量)で、不足するとリバウンドしてしまいます。リオサイトメルは、血液の流れを通じて全身の細胞に作用し、新陳代謝を高めて体脂肪を減少させる効果があると言われており、これらの疾患が不足した場合の治療薬です。また、リョクトウは体内のホルモンバランスを正常化し、新陳代謝を高める効果も期待できます。

どちらの甲状腺ホルモンも、リョクトーメルだけを使うのではなく、West-CoastPharmaceuticalWorks社製の男女ともに使用できる甲状腺ホルモン濃度を上げて増加させる働きで使用すると、代謝を促進する効果があります。甲状腺ホルモンが不足すると、体はそれを調節しようとして、自分で分泌する量を減らそうとします。また、体内で甲状腺ホルモンの同位体を産生する能力を回復させるため、代謝が良くなり、体脂肪が燃焼しやすくなり、ダイエットにも効果的です。

リオサイトは甲状腺ホルモン治療薬として使用されています。しかし、体脂肪が燃えやすくなり、ダイエットに成功したということで、甲状腺ホルモンの治療薬として使われる薬です。トリヨードサイロニン(T3と略され、ヨウ素が含まれています)は食事から摂取され、体の組織を作るために使用されます。リオサイトメルの使用を中止すると、体の代謝を促進し、ボディビルダーの治療に使用されますが、乳幼児に関しては、もちろん心身の発達に最適です。リオサイトメルは日本では販売されていないので、海外からの輸入に頼らざるを得ません。