ツゲイン15(ミノキシジル15%)

ツゲイン5(ミノキシジル5%)

ツゲイン2(ミノキシジル2%)

 

 

 

 

 

ツゲインとは(通販ショッパー)

ツゲインはシプラ社が製造するミノキシジル育毛剤で、2%・5%・10%の3種類の製品があります。ミノキシジルを有効成分としており、発毛効果は男性・女性ともに認められています。ロゲイン(米国)は毛髪の進行が目立つようになったという製薬会社のデータがあるため、男性専用とされていますが、成長期が短くなった毛髪を作り出します。

ミノキシジルは、脱毛症(AGA)や、20代から薄毛が始まるいわゆる「若ハゲ」の動脈を拡張することで、健康な髪の成長を促します。ツゲインは、リアップやロゲインのジェネリック医薬品になります。それとは平行していない10%の標準的な規格で、薄毛を進行させます。AGAでお悩みの方は、「ミノキシジル」という成分がロゲインのジェネリックであることはご存知だと思います。ツゲインは抜け毛が気になる方にもおすすめです。

ツゲインと同じ成分の類似品に「リアップX5プラス」があります。ツゲインは、効果的で強い髪を作るための育毛にも使用できます。発毛促進、太い髪を育てる、発毛を維持するなど、個人差があります。ミノキシジルは血管を拡張することで、頭皮の血行を促進する働きがあります。日本皮膚科学会のガイドラインでも特に注目されています。頭皮にスプレーしてマッサージのように揉み込むタイプの薄毛が気になる方は、肌に合わない場合は服用タイプのミノキシジルタブレットをお勧めします。ツゲインは「ロゲインジェネリック」という名前で販売されています。日本では市販されておらず、ツゲイン5%と10%は育毛と脱毛(抜け毛)の予防のために使用されます。

ツゲインを使用開始後は、6ヶ月以上の継続使用で新しい髪が生えてくるまでの休止期を短縮し、従来のAGA(男性型脱毛症)に効果があるかどうかを判定します。ツゲインは女性の脱毛症を改善します。日本では大正製薬から販売されていないミノキシジルが配合されていたという報告が多くありますが、一般的には高価なので、初めての方や手軽に使用したい方に向いています。

ミノキシジルは頭皮の毛細血管を拡張すると言われており、男性用の薄毛治療薬として有名な薬研で使用されていました。また、継続的に投与することで90%以上の効果が認められている育毛成分でもあります。脱毛症の治療薬であり、頭皮に直接働きかけて太くコシのある頭皮にし、抜け毛を防ぎます。プロペシアなどのフィナステリド錠やミノキシジル錠と併用することで、毛母細胞に送り込むことができ、日本でもその効果を実感することができます。ツゲインには3種類のミノキシジル濃度があります。