ヤスミン(ヤーズ配合錠)

 

 

 

ヤスミンとは(通販くすりロイヤル)

ヤスミンは第4世代の低用量ピルで、正しく服用することで望ましくない妊娠を避けることができます。これらは合成され、別の成分になります。その結果、子宮頸管粘液の粘度を上げて精子を通過させにくくする必要がありません。また、卵巣がんの予防や月経周期の安定化にも効果があり、性腺刺激ホルモン(FSH)や黄体形成ホルモンに似た働きをします。FSHや黄体形成ホルモンに類似しています。

低用量ピル(経口避妊薬として使用される)のヤスミンはプロゲスチンが配合されており、ホルモンバランスの変化が原因と言われています。また、ドロスピレノンには若干の利尿作用がありますが、子宮内膜の増殖やプロスタグランジンによる痛みの症状である、吐き気や頭痛などの副作用が出にくいとされています。ドロスピレノンを含むヤスミンは、望まない妊娠をコントロールするためにバイエル社が開発し、2000年に承認されました。内容は「ヤスミン(yasmin)3mg」と卵胞ホルモン「エチニルエストラジオール0.3mg+0.03mg」です。

ヤスミンは超低用量ピルに使用されており、米国ではFDAが承認しています。また、ヤスミンは21錠の最新の第4世代低用量ピルです。ヤスミンは1錠ごとに女性ホルモンを抑制し、排卵を抑制するとされており、「超」低用量ピルで発症しがちなニキビや吹き出物にも効果があります。定期的に服用することで、性腺刺激ホルモンであるゴナドトロピンの分泌が抑制されます。

低用量ピルですが、ほぼ確実に避妊を避ける効果が得られます。様々な避妊法と併用されます。また、子宮内膜の過剰な増殖を抑えたり、月経周期を安定させる効果があるほか、脳下垂体に影響を与えないため、女性にとって様々なメリットがあります。ヤスミンは、従来の低用量ピルの最新の第4世代であり、卵胞刺激ホルモンを体内に補充することで、排卵周期をコントロールし、月経困難症の痛みを軽減します。ヤスミンは、有効成分であるプロゲスチン(卵胞ホルモン成分エチニルエストラジオール)を含有する21錠の錠剤です。