アジー1000mg(ジスロマック・ジェネリック)

アジー250mg(ジスロマック・ジェネリック)

 

 

 

アジーとは(通販 チャレンジャー)

アジーは、アジスロマイシンを有効成分とするマクロライド系の抗生物質です。アジスロマイシンは、淋病や梅毒などの性感染症によって引き起こされる細菌を治療するマクロライド系抗生物質です。アジスロマイシンはマクロライド系抗生物質で、淋病、梅毒、性器クラミジアなどの性感染症によって引き起こされる細菌を治療します。

アジーは、予防のために使用される他の薬よりも安全であることに加え、性病を含む様々な細菌の治療に使用することができます。女性は感染の原因となります。アジーは、人によっては下痢、嘔吐、腹痛、吐き気などの様々な病気に使用せず、一度に3日間服用することが推奨されています。1日の服用後10日間は飲酒を避けてください。

アジーはアジスロマイシンを含有し、肺炎球菌、淋菌、モラクセラ(ブランハメラ)・カタラリス、インフルエンザ菌、レジオネラ・ニューモフィラ、ペプトストレプトコッカス、化膿レンサ、クラミジアに対して強い抗菌力を有します。抗生物質にアレルギーがあるため、その機能を阻害する安価に購入する女性や、呼吸器系、風邪などの耳鼻咽喉科系の感染症、皮膚の感染症が気になる方、マイコプラズマ肺炎などの明らかな異常を感じた場合は服用は中止してください。他の薬の場合にはない高用量のアジー1000mgがあります。健康に問題がある場合は、医師の診察を受けてください。

アジーの最大投与量は500mg錠を1日数回に分けて1回のみの服用で、マクロライド系抗生物質という新しいジャンルの抗生物質は1000mg錠という高用量までしか使えず、固形のアジーは副作用の発生率が高いので持続性がありクラミジアの治療が可能です。その中でもマクロライド系抗生物質であり、幅広い抗菌作用のみで副作用の少ない症状の改善が確認されています。また、効果時間が非常に長く、1000mg錠を持っている方でも、処方されているジスロマックと同程度に効果が薄れてしまうことが確認されており、抗生物質の中ではなく、インフルエンザや歯周病などの性感染症にも効果があります。

有効成分は血液中に7~10日間留まり、一定の濃度を維持します。アジスロマイシンが有効成分で、細胞に干渉するアジーの効果が発揮されます。患者の症状や年齢に応じて服用する必要があります。アジーは、シプラ社が製造・販売するジェネリック医薬品「ジスロマック錠」(ファイザー社)のジェネリック商品名です。