クエチアピン100mg(セロクエル)

 

 

クエチアピンとは(通販 グランパ)

クエチアピンは、統合失調症の治療に用いられる抗精神病薬「セロクエル細粒」と同じ成分で、喜びや悲しみなどの感情をコントロールできない状態を抑制します。クエチアピンは、ドパミン受容体(ドーパミン受容体など)に作用し、その分泌バランスを整えると考えられています。クエチアピンは、現実を正しく認識できない状態を引き起こします。

この薬は、神経精神病薬と呼ばれるグループに属します。脳内の情報伝達物質が特定の領域に接続されるのを遮断することができます。クエチアピン100mgは非定型抗精神病薬でオレンジ色をしており、100mgは黄色です。服用することで、脳内の情報伝達システムの乱れを改善します。また、クエチアピンフマル酸塩300mgを有効成分とし、コントロールできない思考や感情、思考や感情の症状を改善します。繰り返し起こる「躁」と「鬱」の症状を改善します。

クエチアピンは、精神神経用薬と呼ばれる薬のグループに属し、統合失調症治療薬「セロクエル」の海外向けジェネリック医薬品です。統合失調症に広く使用される可能性があります。幻聴、幻視、妄想、興奮などを抑制するほか、情緒安定効果や再発防止効果が期待されるため、長期維持療法に適した薬剤に加えることで、前頭葉皮質のドーパミン放出を促進します。また、双極性障害のうつ状態の改善にもよく処方されます。脳内物質の働きの異常をバランスよく整えます。

統合失調症の治療薬であるセロクエルのジェネリック医薬品です。統合失調症をはじめとする多くの受容体に加え、双極性障害(躁うつ病)、高血糖、糖尿病性昏睡、低血糖、悪性症候群、横紋筋融解症、PTSDなど、脳内の神経伝達物質の受容体やセロトニン受容体作用抗精神病薬(MARTA)にも有効です。また、双極性障害にも効果があります。しかし、ドーパミンやセロトニン受容体、ヒスタミン受容体に作用して精神を落ち着かせることで、統合失調症の陰性反応の治療に使われます。服用することで、陽性症状や快感消失、感情の起伏を安定させることができます。

クエチアピンは、脳内の神経伝達物質のうち、主にドーパミン受容体とセロトニン受容体に作用します(ドーパミン受容体に作用する複数の受容体、セロトニン受容体への相互作用、セロトニンへの相互作用)。興奮や不安などの感情を鎮めることが特徴です。クエチアピンは、有効成分クエチアピンフマル酸塩を含有する統合失調症治療薬セロクエル錠と同じ有効成分であり、25mgはAccordHealthcareInc.が製造・販売しています。