クロミッド・ジェネリック(Klomen 50mg)

 

 

 

クロミッドとは(通販 エージェント)

クロミッドは、脳の視床下部からの黄体形成ホルモン(FSH)と黄体形成ホルモン(LH)の分泌を増加させることで作用し、不妊治療や、アナボリックステロイドの副作用対策として使用されることが多いです。FSHとLHが分泌されると、精子形成に大きく関わるホルモンが睾丸に作用し、男性ホルモンであるクロミフェンクエン酸塩がテストステロンの産生を促し、クロミッドジェネリックの前身となります。また、FSHは男女ともに生殖細胞の成熟に必要なホルモンであるFSHとLHの減少症状に対して、その分泌量を増加させる作用があり、卵胞刺激ホルモンの分泌量を減少させません。

排卵誘発剤(クロミッド)は、脳下垂体における卵胞刺激ホルモンの成熟を十分に促すことで、男性ホルモンの分泌を促します。月経は起こりますが、排卵の成功が報告されています。排卵誘発剤は、抗エストロゲン剤(抗女性ホルモン剤)です。筋肉増強効果があることが示されています。また、年齢が高くなっても使用することができ、卵胞の発達を促進します。

クロミッドの有効成分を50mgに投与量を調整することで、排卵を誘発し、男性ホルモンの分泌を促すことができます。基礎体温や排卵誘発剤、毎月の排卵日がバラバラで不安定な排卵などによる不妊治療は医師にご相談ください。また、クロミッドを服用することで、精子の数が増加するケースがありますが、これは女性側、男性側、あるいはその両方に原因があると考えられます。クロミッドはそのような排卵を促進します。

クエン酸クロミフェンは多くのケースで使用されており、体への負担が少ないとされています。薬剤ですので、性腺機能低下症の症状を速やかに回復させるためにアナボリックステロイドを服用すると、精巣の活動が活発になり、また、月経不順が続くことがあります。クロミッドは、排卵誘発剤とクロミッドを病院で処方された場合、排卵誘発剤のクロミッドと同じ成分のクロミフェンが排卵を誘発するために、クロミッド100mgだと半分の50mgの低用量での治療が必要になるため、排卵を誘発する効果があるようです。

クロミッドは、この性腺刺激ホルモンの分泌量が多く、服用初日から数えて12~14日目に排卵を誘発することで排卵を促します。クエン酸クロミフェンは、不妊治療のために様々な方法で使用することができます。通常、一定期間が経過すると、男性ホルモンの生成は自然に正常なレベルに戻りますが、コントロールして使用することができます。KocakFarmaのクロメンを服用することで、健康な精子を生成することができますが、筋肉増強、タイミング療法、人工授精、体外受精などにも使用することができます。