トランシーノ(トラネキサム酸錠500mg)

 

 

 

トランサミンとは(通販ショッパー)

トランサミンはトラネキサム酸が含まれる製品で、炎症、湿疹、蕁麻疹、出血などの止血剤として効果があります。また、シミや肝斑などを薄くする働きもあるとされています。

トランサミンの有効成分は、1錠中にトラネキサム酸500mgが含まれます。トラネキサム酸は肝斑(老人性色素斑)にも効き目があるとされ、世界100カ国で販売されています。肝斑には女性ホルモンに直接働きかける性質はありません。そのため、喉の痛みや腫れの原因となるトラネキサム酸を750mg配合した継続的な成分で、肝斑は30代以降の女性に多く見られるシミの色素沈着の原因となります。

主にシミや肝斑の治療薬として知られている「トランシーノ」のジェネリック医薬品がトランサミンです。女性ホルモンの分泌を直接阻害することなくシミや肝斑に効果を発揮する薬剤で、4錠中のトラネキサム酸は抗プラスミン薬ですが、タンパク質分解酵素であるプラスミンはシミなどの女性ホルモンのバランスに関与しているという特徴があります。炎症や腫れ、痛み、蕁麻疹や湿疹など、美肌効果も期待できます。

海外でも肝斑対策によく使われますが、有効成分であるトラネキサム酸は日本でも最近人気となっています。テバグループは世界ナンバーワンの製薬会社であり、トラネキサム酸はシミや肝斑を予防・改善し、服用することで、抗アレルギー作用、抗炎症作用、消炎作用なども発揮します。トランサミンは、女性ホルモンに関連して服用することで、シミの色素沈着、湿疹や蕁麻疹、ニキビ跡、肌荒れの予防などを改善します。また、トランサミンはシミを薄くする効果もあり、特に肝斑はメラノサイト活性化因子であるプラスミンという血液を溶かす物質が原因です。ただし、トランサミンは女性ホルモンに直接影響を与えないため、ホルモンバランスの乱れなどの副作用のトラブルはありません。

トランサミンは、のどの炎症を抑えて美白効果を発揮するだけでなく、ニキビ跡の原因物質であるメラトニンを抑えて肌荒れを防ぐ効果もあるので、ホルモン分泌に直接影響を与える心配がなくおすすめです。肝斑(頬骨に沿って左右対称に現れる色素斑)の改善治療薬として処方されるほか、副次的な目的として美白効果も期待されています。