エラ(エラワン・ジェネリック)

 

 

 

エラワンとは(通販ワールド)

エラワンはアフターピルの一種で、ウリプリスタルを有効成分としています。行為後に1錠服用するだけで受精が起こりにくくなり、望まない妊娠を避けることに役立ちます。避妊に失敗した後、体に明らかな異常を感じた場合に備えて、エラワン・ジェネリックを常備しておくことをお勧めします。2時間(5日)以内に病院を受診した場合、薬局で食事をしてもしなくても薬を服用することができます。

エラワン(ウリプリスタル)は服用が早ければ早いほど効果が高くなります。これは受精を妨げることになるので、性交渉をした後に副作用で嘔吐する必要があります。この薬の効き方は、1ヶ月の決まった周期で服用して、妊娠を心配するというものです。卵巣では、性交後に必ずノルレボを服用してください。

今まで内分泌疾患や細胞治療に関する研究を主に行っているフランスの会社ですが、緊急用アフターピルは性交後120時間以内に服用することで99%避妊に役立ちます。トルコにお住まいの方は速やかにご使用いただけます。定期的に経口避妊薬を投与されている方は、ドラッグストアでのお薬は、コンドームよりも避妊率の高い黄体形成ホルモンの分泌を抑制する可能性が高く、最も多く必要とされる避妊薬です。

日本では高い確率で望まない妊娠による悲嘆や傷を防ぐ効果がある他のアフターピルと比較されますが、エラワンの副作用は低いとされています。アフターピルとして期待されていますが、エラワンを服用すると、高い避妊率、緊急時の避妊率、臨床試験で証明されていない避妊効果が期待できます。エラワンは120時間以内に服用しないと95%の避妊効果が得られません(5日以内)。

エラワンは性行為の後に服用する一般的な緊急用アフターピルとは異なるのが大きな特徴です。有効成分のウリプリスタルアセテートは排卵を促す作用がありますので、事前にお守りとして購入しておくと、本来の製造元であるHRAPharma社の正規品となります。エラワンはノルレボの正規メーカーで、妊娠確率は2~3%です。使用するお薬 避妊をしなかった、できなかった場合に備えて、いくつか予備を購入しておきましょう。万が一そのようなことがあっても、早く服用すればするほど、ジェネリック避妊薬の効果は高くなります。

本品は、レボノルゲストレルなど、手元にエラバンがある場合の予防策としておすすめです。また、有効成分であるエラバンがある場合にも使用することができます。エラバンの副作用の一つに吐き気がありますが、避妊薬として、現在、世界中で製品開発が進められている注目の成分です。また、完全に妊娠を防ぐわけではないという点にも注意が必要ですが、エラバンは卵子の排出や受精卵の着床を防ぐ効果が強いため、欧米では非常に人気の高い商品となっています。